永山亥軒(読み)ながやま がいけん

  • 永山亥軒 ながやま-がいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1815-1879 幕末-明治時代の漢学者。
文化12年生まれ。加賀金沢士。西坂成庵,大島藍涯にまなび,江戸安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事,朱子学をおさめる。藩校明倫堂の講官をへて,維新後は藩の文学教諭。のち中学や師範学校でおしえた。明治12年8月15日死去。65歳。名は平。字(あざな)は政時。通称平太。別号に椿園。著作に「北征日記」「家司職制」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android