コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平太 ヘイタ

大辞林 第三版の解説

へいだ【平太】

能の男面の一。「兼平」「屋島」「田村」など修羅能の武将に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平太の言及

【能面】より

…瘦男(やせおとこ)や蛙(かわず)は死相を表し,三日月や阿波男,怪士(あやかし)などは神性の表現に特徴がある。平太(へいた)と中将は特に武将の霊に用い,頼政や景清,俊寛など特定の人物への専用面も現れた。喝食(かつしき),童子など美貌若年の面のなかにも,蟬丸や弱法師(よろぼし),猩々(しようじよう)といった特定面ができてくる。…

※「平太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

平太の関連キーワード入山規制をめぐる首長の発言喜多 六平太(14代目)ジー・ネットワークス喜多六平太(14世)熊本藩御刑法草書喜多六平太能心和田合戦女舞鶴北七大夫長能吉田沢右衛門喜多七大夫西村五平太福岡 周斎島田嘉津次関取千両幟はぐらかす喜多七太夫町奉行日記喜多 節世左平太新田喜多六平太

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平太の関連情報