コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永山城 ながやまじょう

1件 の用語解説(永山城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

ながやまじょう【永山城】

大分県日田市丸山町にあった平山城(ひらやまじろ)で、旧称は丸山城(まるやまじょう)。市街地北部にある三隈(みくま)三山の一つである月隈山(つきくまさん)に所在した。1601年(慶長6)、日田郡代として豊臣秀吉の家臣、小川光氏(みつうじ)によって築かれた。石川忠総(ただふさ)入封後に城の改築と城下町の移転などが行われたが、1633年(寛永10)に中津藩の預かりを経て、幕府直轄領となり初代代官に小川氏が入城。同代官が1639年(寛永16)に廃城とし、日田陣屋が置かれた。現在、水堀の一部や塀、小川氏時代のものとみられる石垣などの遺構が残っている。JR久大本線日田駅下車、徒歩15分。日田駅の日田バスセンターからバスで月隈公園降車、徒歩至近。◇月隈城ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永山城の関連キーワード琴平山平山城日田いいちこ日田全麹鯛生金山千年の梅千年の柚子平山角左衛門平山行蔵平山兵原

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone