永川(読み)えいせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永川
えいせん / ヨンチョワン

中国、重慶(じゅうけい)市南西部に位置する同市の市轄区。人口113万1000(2015)。成渝(せいゆ)線(成都(せいと)―重慶)の沿線にある。また、成都、重慶、さらには四川(しせん)省南部の瀘州(ろしゅう)への自動車道の分岐点でもある。付近には永川、永昌(えいしょう)の石炭、花果山(かかざん)の鉄鉱石のほか、天然ガスの埋蔵などもみられる。

[小野菊雄・編集部 2017年6月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例