コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田習水 ながた しゅうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田習水 ながた-しゅうすい

1811-1875 幕末-明治時代の蒔絵(まきえ)師。
文化8年生まれ。永田文五郎の孫。京都の人。永田家をつぎ,浅野友七にまなぶ。嘉永(かえい)7年皇居炎上後の宮中調度や文久2年の皇女和宮(かずのみや)江戸入りのときの調度などに蒔絵をほどこす。また11代千宗室に師事して茶道にもすぐれた。明治8年死去。65歳。本姓は河口。通称は祐助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永田習水の関連キーワード永田祐助明治時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android