コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永祚の風 エイソノカゼ

2件 の用語解説(永祚の風の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えいそ‐の‐かぜ【永×祚の風】

永祚元年(989)8月13日の夜、京坂に吹いた大風。大風のたとえとして語り継がれた。
「―更に及ばぬ天災なり」〈愚管抄・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えいそのかぜ【永祚の風】

永祚元年(九八九)8月に近畿地方を襲った台風。のちに、天災の比喩として使われるようになった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永祚の風の関連キーワード永延永祚月夕三五夜十七夜昨日の夜大眼又の夜円賀藤原怤子

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone