コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永祚の風 エイソノカゼ

デジタル大辞泉の解説

えいそ‐の‐かぜ【永×祚の風】

永祚元年(989)8月13日の夜、京坂に吹いた大風。大風のたとえとして語り継がれた。
「―更に及ばぬ天災なり」〈愚管抄・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいそのかぜ【永祚の風】

永祚元年(九八九)8月に近畿地方を襲った台風。のちに、天災の比喩として使われるようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

永祚の風の関連キーワード近畿地方天災比喩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android