コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永祚の風 エイソノカゼ

デジタル大辞泉の解説

えいそ‐の‐かぜ【永×祚の風】

永祚元年(989)8月13日の夜、京坂に吹いた大風。大風のたとえとして語り継がれた。
「―更に及ばぬ天災なり」〈愚管抄・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えいそのかぜ【永祚の風】

永祚元年(九八九)8月に近畿地方を襲った台風。のちに、天災の比喩として使われるようになった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

永祚の風の関連キーワード喩皓永祚中央防波堤埋立処分場永延永祚陳希夷十種ヶ峰范仲淹ウラジーミル寛朝

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone