永祚(読み)エイソ

大辞林 第三版の解説

えいそ【永祚】

年号(989.8.8~990.11.7)。永延の後、正暦の前。一条天皇の代。
「永祚の風」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいそ【永祚】

日本の元号(年号)。平安時代の989年から990年まで、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は永延(えいえん)。次元号は正暦(しょうりゃく)。989年(永延3)8月8日改元。天変(彗星)による凶兆、地震など凶事を振り払うために行われた。986年(寛和(かんな)2)に、花山天皇の突然の出家により幼少の一条天皇が即位した際、藤原兼家(かねいえ)が摂政に就任。兼家は娘の定子(ていし)を一条天皇の皇后として天皇家の外戚となり、後に関白の位についた。兼家の死後は長男の道隆(みちたか)が摂政関白職を引き継ぎ、藤原氏が権勢をふるった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android