コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原明衡 ふじわらのあきひら

8件 の用語解説(藤原明衡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原明衡
ふじわらのあきひら

[生]永祚1(989)
[没]治暦2(1066).10.18.
平安時代中期の学者,漢詩人。山城守敦信の子で,長く紀伝道を学び,その学識才能を自負していたが,儒家の出身でないため不遇であった。のちに出雲守や東宮学士文章博士,大学頭などに任じられ,後冷泉天皇の頃の碩学として文壇に君臨した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐あきひら〔ふぢはら‐〕【藤原明衡】

[989~1066]平安中期の学者。文章博士(もんじょうはかせ)大学頭(だいがくのかみ)を歴任。詩文に秀で、「本朝文粋」を編集。著「明衡往来(めいごうおうらい)」「新猿楽記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原明衡【ふじわらのあきひら】

平安中期の学者。〈ふじわらのめいごう〉とも。藤原四家のうちの式家の後裔で,文章道における藤原式家の祖。文章博士,大学頭。博学で知られ,詩壇に活躍し,和歌もよくしたが,官位においては不遇のまま終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原明衡 ふじわらの-あきひら

989-1066 平安時代中期の官吏,漢詩人。
永祚(えいそ)元年生まれ。藤原敦信(あつのぶ)の子。四十余歳でようやく対策(官吏登用試験)に及第,晩年に文章博士(もんじょうはかせ),大学頭(かみ)となった。従四位下。後冷泉(ごれいぜい)朝の代表的文人で,「本朝文粋(もんずい)」の編者。書簡文集「明衡(めいごう)往来」,風俗集「新猿楽記」など異色の著作をのこした。治暦(じりゃく)2年10月18日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原明衡

没年:治暦2.10.18(1066.11.8)
生年:生年不詳
平安中期の学者,漢詩人。文章博士敦信の子。寛弘1(1004)年大学に入学するが,学閥の壁に阻まれて不遇をかこち,ようやく長元5(1032)年対策に及第し,左衛門権少尉の官に就く。その後出雲守,式部少輔などを歴任したが,官人としても恵まれず,康平1(1058)年70歳でなお五位にとどまる境遇を嘆いている。同5年文章博士となり,次いで東宮学士,大学頭を兼ね,晩年に至ってようやく学者としての顕職を得て従四位下に至る。治暦2(1066)年,老齢と病気によって辞職し,没する。子の敦光,敦基が文章博士となり,院政期に学問の家としての藤原式家を確立した。後冷泉朝の文人の第一人者として年号や皇子の名の選進,表や願文の制作,作文会での詩作に活躍した。その詩文は『本朝続文粋』『本朝無題詩』ほかに100首に近い作が残るが,最大の業績は『本朝文粋』の編纂である。平安朝の文章の精粋432首を全14巻に収めるアンソロジーの編者として不朽の名を残した。また書簡の模範文例を集めた『明衡往来』(『雲州消息』とも)は往来物の先駆をなす。さらに当時流行した猿楽と見物の人びとの描写を通して時代を活写した『新猿楽記』がある。伝統の継承者として活躍するとともに新しい時代の胎動を的確に捉えた作品を書き,独自の位置を占めた。<参考文献>大曾根章介「藤原明衡論」(『国語と国文学』35巻3号),三保忠夫「藤原明衡略年譜」(『島大国文』14号)

(後藤昭雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのあきひら【藤原明衡】

989‐1066(永祚1‐治暦2)
平安中期の漢文学者,受領階級の文人。藤原四家のうちの式家宇合(うまかい)の後裔。父の敦信は,道長の子頼通の侍講をつとめた文章博士。母は良岑英材の娘,また子の敦基,敦光はともに文章博士となる。明衡は父の業を継ぎ漢学に精通し,和歌にも堪能であった。1004年(寛弘1)16歳で文章院に入学,14年(長和3)26歳で文章得業生となる。しかし累代の儒家でなく,官位も遅々として進まなかった。40歳代の長元年間(1028‐37)に官吏登用試験の対策に及第した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのあきひら【藤原明衡】

989~1066) 平安中期の学者。文章博士・大学頭。「本朝文粋」を編纂へんさん。著「新猿楽記」「明衡めいごう往来(雲州消息)」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原明衡
ふじわらのあきひら
(989?―1066)

平安後期の漢詩人。山城守敦信(やましろのかみあつのぶ)の子で15歳ごろに文章院(もんじょういん)に入学したが、対策(官吏登用のための最高試験)に及第したのは40歳を過ぎていた。それからまもなく大学の入学試験に際し二度も不祥事件を引き起こしている。彼は公卿(くぎょう)に頼まれて文章を書き、詩宴で多くの詩を賦したが、官位は停滞して卑官に甘んじ、晩年ようやく文章博士や大学頭になることができた。その子に敦基(あつもと)・敦光(あつみつ)の秀才が現れ、その子孫は院政期の学界に君臨した。作品は『本朝続文粋(もんずい)』や『本朝無題詩』などに収められているが、長年の沈淪(ちんりん)した境遇からわが身を嘆く暗い色調の詩文が多い。彼のもっとも大きな功績は平安時代の名文を集めて『本朝文粋』を編纂(へんさん)し、秀句を集めて『本朝秀句』(散逸)をつくり、わが国最初の書簡文集『明衡往来(めいごうおうらい)』を編し、都の庶民生活を取り上げて『新猿楽記(しんさるがくき)』を書いたことで、その卓越した才能と儒家出身でない自由な精神がもたらしたものといえる。[大曽根章介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原明衡の言及

【漢詩文】より

…しかし文学の主流は大江匡房の《続本朝往生伝》に見られるごとく漢文学で,大江維時撰の《千載佳句》,紀斉名(ただな)撰の《扶桑集》,高階積善撰の《本朝麗藻》,大江匡衡の《江吏部集》,藤原公任撰の《和漢朗詠集》などが今日に伝えられ生彩を放つ。藤原明衡編の《本朝文粋》はこの期の作品を多く収めていて,珍重すべき漢詩文芸の宝庫である。このころになると,有力な詩人たちの層も下級貴族層に移り,漢詩文を支えてきた儒学者たちは大江氏,菅原氏を中心に門閥を形成するようになる。…

【新猿楽記】より

…平安後期の漢文体記類作品。藤原明衡(あきひら)の著。1052年(永承7)前後の成立と考えられる。…

【本朝文粋】より

…詩中心の総集《扶桑集》(紀斉名(ただな)撰)に対して,日本最初の文中心の総集。編者は藤原明衡(あきひら)。1058年(康平1)ごろの成立か。…

【明衡往来】より

…3巻。平安時代の漢文学者藤原明衡(あきひら)の著。明衡が出雲守であったので《雲州消息》《雲州往来》などともよばれる。…

※「藤原明衡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原明衡の関連キーワード大江朝綱扶桑集大江挙周菅原宣義日野実綱藤原敦信藤原実範藤原成季藤原正家三善道統

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原明衡の関連情報