コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶桑略記 ふそうりゃくき

6件 の用語解説(扶桑略記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扶桑略記
ふそうりゃくき

『扶桑記』『扶桑集』ともいう。神武天皇から堀河天皇の寛治8 (1094) 年までの編年史。 30巻。延暦寺の学僧皇円 (?~1169) の編。 12世紀末の成立。現存するのは,巻2~6 (神功皇后聖武天皇) ,巻 20~30 (陽成天皇~堀河天皇) の 16巻分であるが,抜書きとして神武天皇から平城天皇までの部分があるため,散逸巻の一部分をうかがうことができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふそうりゃっき〔フサウリヤクキ〕【扶桑略記】

歴史書。30巻。皇円著。平安末期の成立。漢文体による神武天皇から堀河天皇に至る間の編年史。仏教関係の記事が主で、16巻分と抄本が現存。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

扶桑略記【ふそうりゃっき】

平安末期の天台宗の僧皇円(こうえん)が神武天皇から堀河天皇までの事柄を編年体で記した歴史書。もと30巻と伝え,うち16巻と抄本が現存。仏教関係の記事が多く,出典を明示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふそうりゃっき【扶桑略記】

平安末期の編年体の歴史書。皇円著。巻末が1094年(嘉保1)で終わり,以降の成立である。もと30巻あったと伝えるが,神武天皇から平城天皇までの抄本と,第2~6巻,第20~30巻の16巻が現存している。引用文献は82種に及び,六国史以下の史書や寺院縁起,流記,僧伝などを典拠とし,現在散逸したものも含まれる。記事の大部分は仏教関係で,仏教史として後世まで重視され,《水鏡》《愚管抄》など鎌倉時代の歴史書にしばしば引用され,影響を与えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふそうりゃっき【扶桑略記】

歴史書。三〇巻、うち一六巻分と抄本とが現存。皇円著。平安末期成立。神武天皇から堀河天皇までを漢文・編年体で記す。六国史以下の国史・記録類、諸寺の僧伝・縁起などを抄録する。仏教関係の記事が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扶桑略記
ふそうりゃっき

神武(じんむ)天皇から堀河(ほりかわ)天皇までの漢文編年体の歴史書。平安末期の成立で、著者は阿闍梨皇円(あじゃりこうえん)(?―1169)。仏教関係に重点が置かれている。堀河天皇の1094年(嘉保1)で終わっているので、この後に成立したことは確かである。13世紀後半に成立したと考えられている『本朝書籍目録(ほんちょうしょじゃくもくろく)』によれば30巻あったというが、現在は散逸して16巻分のほかに神武から平城(へいぜい)天皇までの抄本を残すのみである。「六国史(りっこくし)」をはじめ寺院関係の古伝などを参考に編纂(へんさん)されたもので出典を明記しているものもある。『純友(すみとも)追討記』を引くなど仏教関係以外の興味ある記事もあるが、概して仏教関係の記事で満ちている。それらは信頼できないところもあるが、出典を明示した引用書で今日失われている貴重な史料もある。しかし史料批判を加えるべきものが多いことは疑えない。著者の皇円は延暦(えんりゃく)寺の功徳院(くどくいん)に居住した天台宗の学僧で、弟子に有名な法然(ほうねん)(源空)がいる。『国史大系』に所収。[朧谷 寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の扶桑略記の言及

【風土記】より

… 《続日本紀》和銅6年(713)5月2日条に〈畿内七道諸国は,郡郷の名は好き字を著け,その郡内に生ずるところの銀銅,彩色,草木,禽獣,魚虫等の物は具(つぶさ)にその品目を録し,及び土地の沃塉(よくせき),山川原野の名号の所由(いわれ),また古老相伝の旧聞異事は,史籍に載せて言上せよ〉とある。この命令を大きく分ければ,前半は物産関係条項,後半は土俗関係条項となるが,これを風土記撰進のことであるとしたのは,平安時代の天台の学僧阿闍梨皇円述作の《扶桑略記》(1094ころ)である。彼がどんな資料によったかは不明だが,現在からみても妥当である。…

※「扶桑略記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

扶桑略記の関連キーワード繹史紀事本末体三代実録正史文徳実録弥世継国史略編年史編年体百錬抄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

扶桑略記の関連情報