コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求聞持法 グモンジホウ

デジタル大辞泉の解説

ぐもんじ‐ほう〔グモンヂホフ〕【求聞持法】

仏語。密教で、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)を本尊として行う、記憶力増進のための修法。虚空蔵求聞法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐもんじほう【求聞持法】

〘仏〙 密教で、記憶力の増進などを得るための修法。一般には虚空蔵菩薩求聞持法をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の求聞持法の言及

【虚空蔵】より

…これにより同菩薩が福徳をつかさどる菩薩として早くから考えられていたことがわかる。この菩薩を本尊とする修法には虚空蔵菩薩法や虚空蔵求聞持(ぐもんじ)法などがある。 形像は,両界曼荼羅における胎蔵界曼荼羅虚空蔵院の像と同釈迦院の像,金剛界曼荼羅賢劫(けんごう)十六尊の中の像,《大日経疏》《八大菩薩曼荼羅経》《虚空蔵菩薩求聞持法》その他の諸経に述べられる像が知られるが,それらは左右の手の持物や印相が,それぞれ少しずつ違っている。…

※「求聞持法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

求聞持法の関連キーワード勤操(ごんそう)虚空蔵求聞持法金山 穆韶金剛證寺善無畏貞慶仏語空海道詮増進実勝神叡道昌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android