コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚空蔵菩薩 こくうぞうぼさつ Ākāśa-garbha

7件 の用語解説(虚空蔵菩薩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虚空蔵菩薩
こくうぞうぼさつ
Ākāśa-garbha

虚空孕 (こくうよう) 菩薩ともいう。一切香集世界に住み,福徳と智慧をそなえ,これが無量無辺であたかも虚空のごとく広大無辺であることからこの名称がある。胎蔵界曼荼羅虚空蔵院に置かれ,蓮華座に坐し,頭に五智宝冠を戴き,左手には上に如意宝珠を載せた福徳を示す蓮華を持ち,右手には智慧の宝剣を持っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくうぞう‐ぼさつ〔コクウザウ‐〕【虚空蔵菩薩】

《〈梵〉Ākāśa-garbhaの訳》虚空が無限に一切のものを蔵するように、その智慧と功徳(くどく)が広大無辺である菩薩胎蔵界曼荼羅(まんだら)虚空蔵院の主尊で、蓮華座に座し、五智宝冠を頂き、右手に智慧の宝剣、左手に福徳の如意宝珠を持つ姿に表す。虚空蔵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

虚空蔵菩薩【こくうぞうぼさつ】

〈こくぞうぼさつ〉とも。知恵が虚空のように広大な菩薩。頭に宝冠を頂き身に飾りをつけ,右手に知恵を象徴する剣,左手に福徳を表す知恵宝珠を持つ。人に現世・来世の利益を授けるとされ,この菩薩を本尊とする虚空蔵法という修法が平安期以後広く行われた。
→関連項目柳津[町]

虚空蔵菩薩【こくぞうぼさつ】

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虚空蔵菩薩 こくうぞうぼさつ

無限の力で生あるものすべてをすくうという菩薩。
さまざまな姿をとり,日本には奈良時代につたわる。密教の修法のひとつ求聞持法(ぐもんじほう)の本尊,また十三参りなどの対象となる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こくうぞうぼさつ【虚空蔵菩薩】

福と智を虚空のように無限にもっていて、衆生の望みに応じて分け与える菩薩。胎蔵界曼荼羅たいぞうかいまんだら虚空蔵院の中尊。形像は種々あるが普通、五智宝冠をつけ、右手に智慧の宝剣、左手に福徳の蓮華と如意宝珠を持つ。虚空蔵。虚空孕こくうよう菩薩。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虚空蔵菩薩
こくうぞうぼさつ

菩薩の一つ。サンスクリット語アカーシャガルバkagarbhaの訳。宇宙のすべてのものを含み、虚空(大空)のように無量の福徳・智慧(ちえ)を具(そな)え、これをつねに衆生(しゅじょう)に与えて諸願を成就させる菩薩である。また、大日如来(にょらい)の福と智の二徳を本誓(ほんぜい)(根本の誓願)とするため、同体とする菩薩が多い。たとえば、金剛宝菩薩、虚空庫菩薩(『理趣経』)、金剛胎菩薩(『摂真実経』)、地蔵菩薩がそれであり、またこの菩薩の化身に明星(『虚空蔵神呪経(しんじゅきょう)』)、日月星(『宿曜儀軌(しゅくようぎき)』)がある。奈良時代に将来された求聞持(ぐもんじ)法(虚空蔵菩薩を本尊として修する行法)以降、虚空蔵信仰が盛んとなり、曼荼羅(まんだら)にも描かれ、胎蔵界(たいぞうかい)曼荼羅の虚空蔵院の中心仏となった。彫像、絵画にも多く描かれる。その形像は菩薩形で、右手に智慧を表す剣、左手に福徳を表す蓮華(れんげ)と如意宝珠(にょいほうじゅ)を持ち、頭上に五つの智慧を表す冠をかぶる。京都嵯峨(さが)の法輪寺は嵯峨虚空蔵と称して親しまれており、毎年4月13日には子供に智恵が授けられるという十三参りでにぎわう。茨城県東海村の村松(むらまつ)虚空蔵堂、福島県柳津(やないづ)町の円蔵寺(柳津虚空蔵)は嵯峨の虚空蔵とともに日本三虚空蔵といわれる。[小野塚幾澄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虚空蔵菩薩の関連キーワードラクシュミー功利定慧福運福徳福利福禄災いを転じて福となす禍を転じて福と為す《オトカル王の幸福と最期》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

虚空蔵菩薩の関連情報