江上文旦

デジタル大辞泉プラス「江上文旦」の解説

江上文旦

柑橘類品種のひとつ。小ぶりの文旦で、徳川家綱の将軍時代に、長崎県佐世保市の三川内地区に住んでいた中国からの帰化人が、外国産文旦として住民に与えたものから発生したと伝わる。現在は長崎県佐世保市江上町を中心に細々と生産が続く。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android