コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川家綱 とくがわ いえつな

10件 の用語解説(徳川家綱の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徳川家綱

徳川4代将軍。3代将軍家光の長子。幼名は竹千代、院号は厳有院。10才で将軍職を嗣ぐ。殉死を禁じ、囚人を憐む等の善政を行い、質素倹約を重んじ武芸学問を奨励した。また幼時に狩野探幽に画を学び、達磨や馬などの墨画を能くした。延宝8年(1680)歿、40才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくがわ‐いえつな〔トクがはいへつな〕【徳川家綱】

[1641~1680]江戸幕府第4代将軍。在職1651~1680。家光の長男。生来病弱のため、治政初期は保科正之松平信綱らの老中が補佐し、後半は大老酒井忠清が実権を握った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

徳川家綱【とくがわいえつな】

江戸幕府4代将軍(在位1651年―1680年)。3代家光の子。幼名竹千代。諡号厳有院。将軍就任直後に幕府転覆計画(慶安事件)が露見し,幼少将軍に不安もあったが,保科正之酒井忠勝松平信綱らが補佐,治世29年間に幕府諸制度が整備され,政情は安定。
→関連項目寛文印知酒井忠清

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川家綱 とくがわ-いえつな

1641-1680 江戸幕府4代将軍。在職1651-80。
寛永18年8月3日生まれ。徳川家光の長男。母はお楽の方(宝樹院)。慶安4年11歳で将軍となる。病弱のため,保科正之(ほしな-まさゆき),酒井忠勝(ただかつ)らの補佐により,大名の末期養子の承認,人質(証人)の廃止,殉死の禁,浪人取り締まりの緩和などの文治政治をおこなった。延宝8年5月8日死去。40歳。幼名は竹千代。法号は厳有院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川家綱

没年:延宝8.5.8(1680.6.4)
生年:寛永18.8.3(1641.9.7)
江戸幕府第4代将軍。3代将軍家光の長男,生母はお楽の方(増山氏)。幼名竹千代。正保1(1644)年家綱を名乗り,慶安4(1651)年11歳で父家光の跡を継いで将軍職につく。幼少のため保科正之らの補佐を受けた。当初は由比正雪事件や浪人の騒動など不穏な事件が相次いだが,正之や家光以来の老中らの合議による政治運営の体制がほぼ確立していたため,政治的混乱はそれほどみられなかった。幕府の諸制度はいわゆる寛文・延宝期に大幅に整備され,幕臣の再編成や,商品経済への積極的な対応策として枡や秤の統一や市場の調査などが実施された。しかし幼少より病弱であった家綱自身は,結局政治を主導することなく,延宝8(1680)年在職30年,40歳で死去し,東叡山寛永寺に葬られた。院号厳有院。家綱には実子がなく末弟の綱吉が館林藩から迎えられ,将軍職を継承した。

(大森映子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

徳川家綱

1641〜1680(寛永18〜延宝8)【四代将軍】武断政治から文治政策へ転換。 明暦の大火を契機に、江戸を再開発。四代将軍(在職1651〜80)。家光の長男。保科正之・松平信綱らの補佐を受け、末期養子の禁の緩和、殉死の禁止など政治を武断から文治へと転換した。明暦の大火で江戸の大半を消失すると、それを契機に、江戸をその急速な成長に合わせて拡張、再開発した。晩年、保科正之らが引退すると、酒井忠清が専権をふるった。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわいえつな【徳川家綱】

1641‐80(寛永18‐延宝8)
江戸幕府4代将軍。3代将軍家光の長男。母は於楽之方(宝樹院)増山氏。幼名竹千代。1651年(慶安4)8月18日将軍宣下をうけ,11歳で将軍となる。このとき正二位内大臣に叙任。生来病弱で,家光の死の直後には慶安事件が起こるなど政情不安を招くが,保科正之や前代からの大老酒井忠勝,老中松平信綱阿部忠秋らに補佐され,在職29年の間には幕府諸制度が整備された。63年(寛文3)家光の13回忌にあたって日光へ社参するが,前3代の将軍とは異なり一度も上洛しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とくがわいえつな【徳川家綱】

1641~1680) 江戸幕府第四代将軍(1651~1680)。家光の長男。幼名竹千代。保科正之・酒井忠清が補佐した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川家綱
とくがわいえつな

[生]寛永18(1641).8.3. 江戸
[没]延宝8(1680).5.8. 江戸
江戸幕府4代将軍 (在職 1651~80) 。家光の長男。母は増山氏。幼名は竹千代。院号は厳有院。慶安4 (51) 年8月 18日将軍宣下。幼少であったため,初期には保科正之,酒井忠勝,阿部忠秋松平信綱ら父以来の重臣が政務をとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川家綱
とくがわいえつな
(1641―1680)

江戸幕府第4代将軍。3代将軍家光(いえみつ)の長男。母は増山氏で於楽之方(おらくのかた)という。寛永(かんえい)18年8月3日誕生。幼名は竹千代。1644年(正保1)家綱と命名。翌1645年従三位権大納言(じゅさんみごんだいなごん)となる。1650年(慶安3)世子(せいし)となって西の丸に移り、翌1651年家光の死去に伴い、わずか11歳で将軍となった。家綱は徳川氏初の幼将軍であり、かつ長じても病弱であったため、自ら政治を行うことは少なく、保科正之(ほしなまさゆき)、酒井忠勝(ただかつ)、松平信綱(のぶつな)ら徳川一門、元老および老中による集団指導のもとで、文治政治が行われ、幕政機構の整備とともに、この期に幕藩体制が確立された。世継ぎ問題を残したまま延宝(えんぽう)8年5月8日没。40歳。東叡山(とうえいざん)に葬る。法号は厳有院(げんゆういん)。正室は伏見宮(ふしみのみや)貞清親王の女(むすめ)(浅宮)。[藤野 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徳川家綱の言及

【寛文印知】より

…江戸幕府の4代将軍徳川家綱の領知判物(はんもつ)・朱印状が1664年(寛文4)諸大名に,翌65年公家・寺社に一斉に発給されたことをいう。家康・秀忠・家光3代にわたり区々に発給されていたものが統一的・同時に発給され,大名領知権が将軍の全国的支配権に完全に包含されたことで,将軍権力の強化・確立をもたらしたといえる。…

【武家諸法度】より

…江戸幕府が武家の守るべき義務を定めた法令。天皇,公家に対する禁中並公家諸法度,寺家に対する諸宗本山本寺諸法度(寺院法度)と並んで,幕府による支配身分統制の基本法であった。1615年(元和1)大坂落城後,徳川家康は以心崇伝らに命じて法度草案を作らせ,検討ののち7月7日将軍秀忠のいた伏見城に諸大名を集め,崇伝に朗読させ公布した。漢文体で13ヵ条より成り,〈文武弓馬の道もっぱら相嗜むべき事〉をはじめとして,品行を正し,科人(とがにん)を隠さず,反逆・殺害人の追放,他国者の禁止,居城修理の申告を求め,私婚禁止,朝廷への参勤作法,衣服と乗輿(じようよ)の制,倹約,国主(こくしゆ)の人選について規定し,各条に注釈を付している。…

【保科正之】より

…江戸前期の大名,会津藩主。徳川秀忠の三男。母は神尾(かんお)氏お静の方。家光の異母弟。信濃国高遠藩主保科正光の継母が家康の異父妹であった縁で,1617年(元和3)正光の養子となる。31年(寛永8)家を継ぎ高遠藩3万石の藩主となり,従五位下肥後守に叙任。その後,侍従・少将に昇進し,53年(承応2)正四位下中将に叙任。36年出羽山形20万石に移り,43年会津23万石を領した。藩政においては家臣団編成・農政にすぐれた手腕を示し,江戸時代前期の名君の一人に数えられる。…

【本朝通鑑】より

…本書ははじめ羅山が徳川家光の命で1644年(正保1)から通史の編修に当たり,50年(慶安3)に神武朝から宇多朝までを完成して《本朝編年録》の書名で幕府に提出したが,明暦の大火で焼失した。62年修史継続の命が徳川家綱から羅山の子鵞峰に下り,64年から忍岡林邸内の国史館で作業が開始され,《本朝編年録》の稿本を復元校勘して正編とし,続編を林梅洞,林鳳岡,人見友元,坂井伯元らが分担起草し,鵞峰が統轄して完成し幕府に献上した。中国の《資治通鑑(しじつがん)》を模範にし,《通鑑綱目》を参考とし,事実を直叙して後代の鑑戒とすることを目ざした。…

※「徳川家綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳川家綱の関連キーワード徳川綱重犬公方御三卿側衆大君室町殿上覧相撲一橋江戸城大奥列伝梶定良

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川家綱の関連情報