コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江上栄之進 えがみ えいのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江上栄之進 えがみ-えいのしん

1834-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年5月1日生まれ。江上苓洲(れいしゅう)の孫。筑前(ちくぜん)福岡藩士。中村円太らと脱藩して薩摩(さつま)(鹿児島県)にいった罪で文久元年姫島に流罪元治(げんじ)元年藩命で長州(山口県)にいた三条実美(さねとみ)とあう。勤王派が弾圧された乙丑(いっちゅう)の獄で捕らえられ,慶応元年10月23日処刑された。32歳。名は武要(たけやす)。号は磨魂舎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江上栄之進の関連キーワード江上武要天保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android