コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江亢虎 こうこうこ Jiāng Kàng hǔ

1件 の用語解説(江亢虎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうこうこ【江亢虎 Jiāng Kàng hǔ】

1883‐1954
中国の政治家。本名は紹銓,江西省上饒県の人。日本,欧米に学んで社会主義に触れ,辛亥革命後,中国社会党を創立した。社会主義とは〈光明正大平和幸福の主義〉だと江亢虎は説いたが,その曖昧さをアナーキスト劉師復から社会政策にすぎぬと批判された。やがて袁世凱に弾圧されてアメリカに亡命,のちコミンテルン第3回大会に出席した。しかし,帰国後再組織した社会党は反共の立場から北伐に反対するためのものである。袁世凱,レーニン等と結ぼうとして果たせなかった江亢虎は,最後に汪兆銘政権の考試院院長となり,漢奸として数奇な生涯を終えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江亢虎の関連キーワード王寵恵江青チェンバレン中山陵張瀾ヘイウィリアムHタフト林森胡錦涛蔡大鼎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone