コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江亢虎 こうこうこJiāng Kàng hǔ

世界大百科事典 第2版の解説

こうこうこ【江亢虎 Jiāng Kàng hǔ】

1883‐1954
中国の政治家。本名は紹銓,江西省上饒県の人。日本,欧米に学んで社会主義に触れ,辛亥革命後,中国社会党を創立した。社会主義とは〈光明正大平和幸福の主義〉だと江亢虎は説いたが,その曖昧さをアナーキスト劉師復から社会政策にすぎぬと批判された。やがて袁世凱に弾圧されてアメリカに亡命,のちコミンテルン第3回大会に出席した。しかし,帰国後再組織した社会党は反共の立場から北伐に反対するためのものである。袁世凱,レーニン等と結ぼうとして果たせなかった江亢虎は,最後に汪兆銘政権の考試院院長となり,漢奸として数奇な生涯を終えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江亢虎の関連キーワード7月18日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android