江州音頭(読み)ゴウシュウオンド

大辞林 第三版の解説

ごうしゅうおんど【江州音頭】

滋賀県の民謡で、長編の盆踊り唄。江戸時代末に、桜川大竜が西日本の「盆踊り口説くどき」に祭文をまじえて唄い始めたもの。昭和30年代以降、江州の名所名物を詠んだものが、祭文部分を除いた節で唄われている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごうしゅう‐おんど ガウシウ‥【江州音頭】

〘名〙 民謡。滋賀県八日市地方に起こった盆踊唄。幕末の頃、神崎郡御園村に住む西沢寅吉が、山伏から習った祭文を応用して作ったといわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江州音頭の関連情報