コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江左尚白 こうさ しょうはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江左尚白 こうさ-しょうはく

1650-1722 江戸時代前期-中期の俳人。
慶安3年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の医師。原不卜(ふぼく)らにまなび,貞享(じょうきょう)2年三上千那(せんな)とともに松尾芭蕉(ばしょう)に入門。近江蕉門の古老として活躍するが,のち離脱。享保(きょうほう)7年7月1日死去。73歳。本姓は塩川。字(あざな)は三益。別号に木翁,芳斎など。編著に「孤松(ひとつまつ)」。
【格言など】北はまだ雪であらうぞ春のかり(「蕉門名家句集」)

江左尚白 えさ-しょうはく

こうさ-しょうはく

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江左尚白の関連キーワード河合乙州蕉門十哲三上千那水田正秀武田菊峰小杉一笑尚白

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android