コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩川 しおかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩川
しおかわ

福島県北西部,喜多方市南東部の旧町域。会津盆地中央にある。 1909年町制。 1954年堂島村,姥堂村,駒形村の3村と合体。 2006年喜多方市,熱塩加納村,山都町,高郷村と合体して喜多方市となった。中心市街は日橋川の北岸に沿う旧米沢街道宿駅から発達。猪苗代湖および周辺の山地からの諸河川が物資の輸送に利用された。特に貞享1 (1684) 年以降の川筋普請後は,阿賀野川,日橋川の可航限界地として栄え,新潟の津川を経て日本海経由で,大坂へ会津米を積み出した。付近は米の単作地帯で果物,野菜,タバコの栽培が行なわれる。肉牛の飼育も盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の塩川の言及

【本部[町]】より

…八重岳(453m)をはじめ,古生代の地層からなる小起伏の山地地形をなし,内陸部の山里,大堂(うふどう)には円錐カルスト地形が発達している。また北海岸に注ぐ塩川(天)は,鍾乳洞からの湧水に由来し,日本では珍しくかなりの塩分(海水の20%)を含むことで知られる。山間地にある集落の多くは廃藩前後に無禄士族が開墾したときつくられたもので屋取(やどり)集落と呼ばれる。…

※「塩川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩川の関連キーワード天竜小渋水系県立自然公園清水 六兵衛(4代目)増富ラジウム温泉マヌイリスキー転校少女歌撃団明野(山梨県)塩川(旧町名)ブランシュビクキリチェンコ小野上[村]須玉[町]塩川(川)壺田 花子塩川[町]韮崎[市]メレツコフ野村 文挙石灰窒素法塩川来国光内海吉堂

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩川の関連情報