江戸わずらい(読み)えどわずらい

知恵蔵mini「江戸わずらい」の解説

江戸わずらい

ビタミンB1の不足により起こる疾患脚気」の、江戸時代の呼び名。下肢のむくみや知覚麻痺運動麻痺などが起こり、放置すると急性心不全(脚気衝心)で死に至る。江戸時代の日本では一般にビタミンB1を多く含む玄米が食されていたが、江戸庶民はわずかなおかず白米を大量に食べる食事スタイルが多かったため江戸で脚気が多数発生。江戸を離れて玄米やおかずをたくさん摂る食生活に入るとすぐに癒したため、江戸の風土病として「江戸わずらい」と呼ばれた。

(2015-6-22)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android