コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江渟裙代 えぬの もしろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江渟裙代 えぬの-もしろ

?-? 6世紀後半の豪族。
越(こし)の江渟(石川県)の人。欽明(きんめい)天皇31年(570)対立する国造(くにのみやつこ)の道君(みちのきみ)が,に漂着した高句麗(こうくり)(朝鮮)の使者をかくしたことを朝廷に密告。膳傾子(かしわでの-かたぶこ)が越に派遣され,道君が大王(おおきみ)と自称して調(みつぎ)をうばったことが判明した。氏は江沼ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江渟裙代の関連キーワード豪族

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android