池上 慧澄(読み)イケガミ エチョウ

20世紀日本人名事典の解説

池上 慧澄
イケガミ エチョウ

明治〜昭和期の僧侶 臨済宗大学学長;妙心寺(臨済宗妙心寺派)住職。



生年
安政3年2月29日(1856年)

没年
昭和3(1928)年9月22日

出生地
筑後国(福岡県)

旧姓(旧名)
宮本

経歴
京都妙心寺の越渓守謙や小林宗補に師事し、臨済宗妙心寺派の僧となって宗補の法を継ぐ。号を湘山、柏蔭室と称した。のち妙心寺住持、臨済宗大学(のち花園大学)学長などを務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android