コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越渓守謙 えっけい しゅけん

美術人名辞典の解説

越渓守謙

幕末・明治の臨済宗の僧。若狭生。越渓は字。10才のとき出家し、小浜常高寺大囿に師事、のち曹源寺儀山善来の法を嗣ぐ。明治維新の際、志士と交わり名を知られた。のち妙心寺で宗風を挙揚する。明治17年(1884)寂、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

越渓守謙 えっけい-しゅけん

1810-1884 江戸後期-明治時代の僧。
文化7年生まれ。臨済(りんざい)宗。10歳で出家し,18歳から各地で修行。京都相国寺から妙心寺の天授院にうつり,同院に専門道場をつくる。明治16年兵庫県に楊岐寺をひらき儀山善来をまねいて開山(かいさん)とし,その法をつぐ。のち妙心寺住持。明治17年9月30日死去。75歳。若狭(わかさ)(福井県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

越渓守謙の関連キーワード池上 慧澄越叟義格明治時代池上慧澄小林宗輔竹田黙雷釈宗演

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android