コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池上文僊 いけがみ ぶんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池上文僊 いけがみ-ぶんせん

1887-1921 大正時代の日本画家。
明治20年生まれ。池上雲昂の子。四条派の野村文挙にまなび,山水画,仏画にすぐれた。達磨(だるま)百図をえがき,柏樹禅師より禅画堂の号をうける。六朝(りくちょう)風の書も得意とした。大正10年1月19日死去。35歳。長野県出身。著作に「禅画百譚」「一棟一喝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池上文僊の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))新教育ドキュメンタリー映画帰山教正日本の医学史(年表)ヴェナイト東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android