コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅画(読み)ゼンガ

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんが【禅画】

禅宗の教義内容はもとより,禅の精神,たとえば悟り境地といった本来〈心〉の領域に属するものを,絵筆に託して表した作品。姿かたちのない観念の世界を目にみえるものにするのであるから,表現手段としては比喩的,あるいは象徴的なものにならざるをえない。たとえば白隠禅師の《円相》のようなものが,禅画と呼ばれるのにもっともふさわしい作品であろう。したがって禅画とは,絵画表現における禅的なものといったほうがより適切かもしれない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禅画の関連情報