コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池坊専定 いけのぼう せんじょう

2件 の用語解説(池坊専定の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

池坊専定

江戸後期の僧・華道宗匠。六角堂住職。池坊四十世。京都生。瓢庵・智春館と号す。立華様式を整備し、池坊生花の基礎をつくった。画を岸駒に学び、特に梅花図を能くした。天保3年(1832)歿、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池坊専定 いけのぼう-せんじょう

1769-1832 江戸時代後期の華道家。
明和6年生まれ。池坊家40代。池坊専純の外孫。京都頂法寺(六角堂)の僧。池坊専弘の跡をつぎ,生花様式を整備,家元制度の確立につとめた。岸駒(がんく)にまなび,絵にもすぐれた。天保(てんぽう)3年9月7日死去。64歳。号は瓢庵,智春館。編著に「瓶花(へいか)容導集」「挿花百規」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の池坊専定の言及

【池坊】より

…いけばなの一流派。池坊とは,元来,京都六角堂で知られる頂法寺の坊の名であり,六角堂は室町時代には洛陽七観音の一つとして,貴賤の信仰をあつめた。また霊場として人々が集まりやすく,曲舞(くせまい)のような娯楽の催しもひらかれて,一般庶民に親しまれるところであった。それをさらに発展させたのが,いけばなとの関連である。15世紀の中ごろ,8代将軍足利義政の時代には,同朋衆をはじめ多くの花の名手があらわれたが,池坊の寺僧にも巧みに花を立てるものがあった。…

※「池坊専定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池坊専定の関連キーワード一瓢庵関里(6代)一瓢庵関里(7代)雌雄軒双蛾松養斎一伯(初代)松養斎一伯(4代)貞松斎一馬(2代)美笑軒知昔藤野三楽水谷逸雅水谷有雅

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone