池田光政日記(読み)いけだみつまさにっき

世界大百科事典 第2版「池田光政日記」の解説

いけだみつまさにっき【池田光政日記】

岡山藩池田光政自筆の日記で21冊。原本は池田家に襲蔵されたが,現在は岡山美術館の所蔵。記事は1637年(寛永14)10月8日から69年(寛文9)2月2日に及び,藩政全般から対幕関係,一門親類の諸家および他藩との交渉,年中行事・冠婚葬祭など多岐にわたり,大名日記として稀有かつ貴重なものである。なお,筆跡は達筆で難読のものであるが,翻刻本がある。【谷口 澄夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android