コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田斉敏 いけだ なりとし

美術人名辞典の解説

池田斉敏

江戸後期の大名。備前岡山藩主池田家八代。薩摩鹿児島藩主島津斉興の次男、池田斉政養嗣子初名は久寧。従四位下少将・伊予守となる。天保13年(1842)歿、32才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田斉敏 いけだ-なりとし

1811-1842 江戸時代後期の大名。
文化8年4月8日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩主島津斉興(なりおき)の次男。池田斉政(なりまさ)の養子となり,文政12年備前岡山藩主池田家7代。天保(てんぽう)13年1月30日死去。32歳。初名は久寧。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

池田斉敏の関連キーワード池田慶政井上毅斎馬来南城

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android