池田温泉

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田温泉
いけだおんせん

島根県中央部、大田(おおだ)市三瓶山(さんべさん)西麓(せいろく)にある冷泉(泉温21℃)。泉質は放射能泉で「ラジウム鉱泉」として有名。1914年(大正3)の調査でラドンが測定され、1939年(昭和14)には含有量が世界一とされた。慢性リウマチや神経痛によい。入浴以外に飲用としても利用される。JR山陰本線大田市駅からバスが通じる。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android