コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射能泉 ホウシャノウセン

3件 の用語解説(放射能泉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃのう‐せん〔ハウシヤノウ‐〕【放射能泉】

泉質の一。ラジウムラドンなどの放射性元素を多く含む温泉。代謝機能を促進し、高血圧症婦人病などに効く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

放射能泉【ほうしゃのうせん】

多量のラドンラジウムを含む温泉。放射能の作用がリウマチ,痛風,切傷などの医療に利用される。花コウ岩地域で低温の温泉として湧出する場合が多い。山梨県増富,鳥取県三朝,島根県池田,岐阜県恵那,兵庫県有馬などの温泉が100マッヘマッヘエマネーション濃度の単位)以上のラドンを有する。
→関連項目温泉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放射能泉
ほうしゃのうせん

温鉱泉1キログラム中にラドンRnを20×10-10キュリー(5.5マッヘ、74ベクレル)以上含むか、ラジウムRaを1×10-8ミリグラム以上を含む温泉。ラドンが30×10-10キュリー(8.25マッヘ、111ベクレル)以上あると療養泉となる。放射能泉は花崗(かこう)岩地域に多く、単純弱放射能泉、単純放射能泉と名づけられるか放射能以外の成分により「含ラドン○○泉」と命名する。日本の温泉の約5%を占め、代謝機能促進用の浴用に利用される。日本の代表的なものは山梨県の増富(ますとみ)温泉(ラドン)、兵庫県の有馬(ありま)温泉(ラジウム)がある。また、秋田県の玉川温泉はラドンのほかトロンを含み、またラジウムを含む放射性の鉱物北投石(ほくとうせき)を産出するので有名である。[綿抜邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射能泉の関連キーワードキュリー三朝温泉バナジウム鋼増富温泉ラジウムエマナチオンラジウム泉ラジウム療法ラジオトリウム比放射能ケントスミサイト

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放射能泉の関連情報