放射能泉(読み)ほうしゃのうせん

日本大百科全書(ニッポニカ)「放射能泉」の解説

放射能泉
ほうしゃのうせん

温鉱泉1キログラム中にラドンRnを20×10-10キュリー(5.5マッヘ、74ベクレル)以上含むか、ラジウムRaを1×10-8ミリグラム以上を含む温泉。ラドンが30×10-10キュリー(8.25マッヘ、111ベクレル)以上あると療養泉となる。放射能泉は花崗(かこう)岩地域に多く、単純弱放射能泉、単純放射能泉と名づけられるか放射能以外の成分により「含ラドン○○泉」と命名する。日本の温泉の約5%を占め、代謝機能促進用の浴用に利用される。日本の代表的なものは山梨県の増富(ますとみ)温泉(ラドン)、兵庫県の有馬(ありま)温泉(ラジウム)がある。また、秋田県の玉川温泉はラドンのほかトロンを含み、またラジウムを含む放射性の鉱物北投石(ほくとうせき)を産出するので有名である。

[綿抜邦彦]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「放射能泉」の解説

放射能泉【ほうしゃのうせん】

多量のラドン,ラジウムを含む温泉。放射能の作用がリウマチ,痛風,切傷などの医療に利用される。花コウ岩地域で低温の温泉として湧出する場合が多い。山梨県増富,鳥取県三朝,島根県池田,岐阜県恵那,兵庫県有馬などの温泉が100マッヘ(マッヘはエマネーション濃度の単位)以上のラドンを有する。→ラジウム泉
→関連項目温泉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android