コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田真枚 いけだの まひら

2件 の用語解説(池田真枚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田真枚 いけだの-まひら

?-? 奈良時代の官吏。
少納言,長門守(ながとのかみ)などをへて,延暦(えんりゃく)6年(787)鎮守府副将軍となる。8年将軍紀古佐美(きの-こさみ)とともに蝦夷(えぞ)攻めにむかい,陸奥(むつ)衣川(岩手県)で阿弖流為(あてるい)に大敗。渡河作戦に失敗し多数の戦死者,溺死(できし)者をだした責をとわれ,解職された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池田真枚

生年:生没年不詳
奈良時代の官人,武将。藤原仲麻呂の乱(764)鎮圧の功によるものか,天平宝字8(764)年従八位上から従五位下に特進。神護景雲3(769)年検校兵庫軍監,宝亀5(774)年少納言を経て,11年長門守に任じられる。延暦6(787)年鎮守副将軍となり,同8年征東大将軍紀古佐美による陸奥国胆沢の征討に左中軍別将として参加し作戦計画に当たった。太墓阿弖流為率いる蝦夷の軍に大敗したため責任を追及され,官職,位階剥奪の罰を受けるところ,北上川渡河の際溺軍を救ったことが評価され,解官処分にとどまる。

(今泉隆雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田真枚の関連キーワード藤原石津藤原小湯麻呂藤原辛加知藤原薩雄藤原執棹藤原刷雄村国嶋主村国虫麻呂矢田部老弓削男広

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone