コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池知退蔵 いけぢ たいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池知退蔵 いけぢ-たいぞう

1831-1890 幕末-明治時代の武士,公共事業家。
天保(てんぽう)2年生まれ。土佐高知藩の郷士で,土佐勤王党にはいる。京都で倒幕運動にくわわり,戊辰(ぼしん)戦争で活躍。明治11年郷里で士族授産のためマッチ製造の百做社(ひゃっこしゃ)をおこし,のち嶺南社香長学舎を設立し教育にもつくした。明治23年7月20日死去。60歳。初名は重胤,のち重利。姓は「いけち」「いけとも」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

池知退蔵の関連キーワード池知重利明治時代天保

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android