コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池部啓太 いけべ けいた

2件 の用語解説(池部啓太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池部啓太 いけべ-けいた

1798-1868 江戸時代後期の砲術家。
寛政10年1月15日生まれ。肥後熊本藩士。九州にきた伊能忠敬(ただたか)に測量術を,長崎の末次忠助(ちゅうすけ)に天文学を,高島秋帆(しゅうはん)に西洋砲術をまなぶ。熊本藩暦算師範で砲術師範をかねた。天保(てんぽう)13年秋帆の下獄に連座し5年間幽閉された。慶応4年8月13日死去。71歳。名は春常。号は如泉。著作に「砲玉行道図説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池部啓太

没年:明治1.8.13(1868.9.28)
生年:寛政9(1797)
幕末の洋式兵学者,砲術家。肥後(熊本)藩士。諱は春常。如泉と号した。啓太は通称。長崎に赴き末次忠助について蘭学を学び,さらに高島秋帆の父四郎茂紀の門に入って荻野流,天山流砲術を修得し,天保10(1839)年国に帰って肥後藩の兵制改革に尽力した。なお弾道学について造詣が深く,わが国最初の空気抗力測定による射擲表を著している。天保13年高島秋帆の疑獄事件に連座して投獄されたが,獄中において塗椀の漆を粉にして墨汁を,捕らえた鼠の髭を抜いて筆を作り,これを使って三角関数表の『割円四線表』とニュートン物理学の理論による『万動理原』を執筆した。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池部啓太の関連キーワード島秋帆上田帯刀小林茂雄下曾根金三郎田結荘千里中島名左衛門鍋島茂義成田正右衛門松本了一郎村上範致

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone