コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沃素澱粉反応 ヨウソデンプンハンノウ

デジタル大辞泉の解説

ようそ‐でんぷんはんのう〔エウソデンプンハンオウ〕【沃素×澱粉反応】

でんぷん沃素によって青紫色を呈する反応。きわめて鋭敏で、微量の沃素またはでんぷんの検出に利用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようそでんぷんはんのう【沃素澱粉反応】

デンプンの水溶液またはデンプン粒にヨウ素液を加えると青紫色(アミロースでは青色、アミロペクチンでは赤色ないし紫色)を呈する反応。ヨウ素分子鎖がデンプンの鎖状分子の螺旋構造の内部に入り込んで包接化合物をつくるために発色すると考えられる。非常に鋭敏な反応で、デンプン・ヨウ素の検出や、ヨウ素滴定の際に終点を知るのに利用する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

沃素澱粉反応の関連キーワードアミロペクチンデンプン

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android