コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沃素 ヨウソ

デジタル大辞泉の解説

よう‐そ〔エウ‐〕【沃素】

iodineハロゲン族元素の一。単体は金属光沢をもつ暗紫色の結晶。昇華しやすく、蒸気は紫色で刺激臭がある。有毒。水に溶けないが、沃化カリウム水溶液には溶けて褐色ベンゼンヘキサンでは紫色、アルコール・アセトンで褐色、でんぷんでは青色を呈する。天然には海藻やチリ硝石などに含まれ、哺乳類では甲状腺に含まれてチロキシンを構成し、必須元素の一。分析試薬・医薬などに利用。元素記号I 原子番号53。原子量126.9。ヨード

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

沃素の関連キーワード慾・抑・欲・沃・浴・翌・翼ハロゲンランプ甲状腺ホルモン生物学的半減期ポリアセチレンゲイリュサックアミロペクチン非放射性沃素ヨードホルム沃素澱粉反応ヨードチンキアミロースアスタチン放射性沃素二硫化炭素ルゴール液沃素一三一ヨジウムビターン間接肥料

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android