沐する(読み)モクスル

デジタル大辞泉の解説

もく・する【×沐する】

[動サ変][文]もく・す[サ変]
水や湯を頭からかぶる。髪やからだを洗う。
「雨に―・し風に櫛ずり」〈織田訳・花柳春話
恩恵などを受ける。浴する。
「同一利益の恩に―・せしめようとは考えない」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もくする【沐する】

動サ変 [文] サ変 もく・す
髪を洗う。また、体を洗う。 雨に-・し風に梳くしけず
恩恵などを受ける。こうむる。 神の恩めぐみに-・すべし/罪と罰 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android