コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沐する モクスル

デジタル大辞泉の解説

もく・する【×沐する】

[動サ変][文]もく・す[サ変]
水や湯を頭からかぶる。髪やからだを洗う。
「雨に―・し風に櫛ずり」〈織田訳・花柳春話〉
恩恵などを受ける。浴する。
「同一利益の恩に―・せしめようとは考えない」〈魯庵社会百面相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もくする【沐する】

( 動サ変 ) [文] サ変 もく・す
髪を洗う。また、体を洗う。 「雨に-・し風に梳くしけずる」
恩恵などを受ける。こうむる。 「神の恩めぐみに-・すべし/罪と罰 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

沐するの関連キーワード新た

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android