沖浅蜊(読み)おきあさり

精選版 日本国語大辞典「沖浅蜊」の解説

おき‐あさり【沖浅蜊】

〘名〙 マルスダレガイ科の二枚貝。房総半島以南から台湾まで分布し、水深約二〇メートルまでの細砂底にすむ。ほぼ三角形で、殻長約五センチメートル。殻頂から三~四本の濃青色の放射帯が走り、全体に細かい斑がある。食用。かざりがい。〔大和本草批正(1810頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「沖浅蜊」の解説

おき‐あさり【沖浅×蜊】

マルスダレガイ科の二枚貝。浅海の砂底にすむ。貝殻は三角形で厚く、殻長約5センチ、淡褐色の地に灰青色の斑紋がある。本州中部以南に分布。食用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「沖浅蜊」の解説

沖浅蜊 (オキアサリ)

学名Gomphina veneriformis
動物。マルスダレガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android