コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖着物 おきぎもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖着物
おきぎもの

漁師が沖で漁業にたずさわるときに着る着物。オキギ,シオバレなどともいわれるが,全国的にみると沖着物をドンザと呼ぶ地方が多い。たいていは古布を何枚も重ねて刺しつけたもので,サシコと呼ぶ地方もある。潮風の寒気と湿気を防ぐのに便利なものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おきぎもの【沖着物】

漁師が沖に出るときに着る着物。古布を重ねて刺し子にしたものなどで作る。湿気や冷たい潮風を防ぐのに適する。おきぎ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖着物
おきぎもの

漁師が沖へ漁に出るときに着る着物。シオバレ、シトネなどとよぶ地方もあるが、全国的にはドンザとよぶ所が多い。一般に着古した普段着の古布を裂いて、何枚も重ね合わせたものを太めの木綿糸で刺して仕立て、寒気、湿気、潮風を防ぐことに利する。長崎県の五島列島などでは、長ドンザと中ドンザを用意し、中ドンザは洋服くらいの長さでもっぱら仕事着に使い、長ドンザは膝(ひざ)まであって夜寝るときに着る。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

沖着物の関連キーワード潮ばり漁師

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android