コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖着物 おきぎもの

3件 の用語解説(沖着物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖着物
おきぎもの

漁師が沖で漁業にたずさわるときに着る着物。オキギ,シオバレなどともいわれるが,全国的にみると沖着物をドンザと呼ぶ地方が多い。たいていは古布を何枚も重ねて刺しつけたもので,サシコと呼ぶ地方もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おきぎもの【沖着物】

漁師が沖に出るときに着る着物。古布を重ねて刺し子にしたものなどで作る。湿気や冷たい潮風を防ぐのに適する。おきぎ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖着物
おきぎもの

漁師が沖へ漁に出るときに着る着物。シオバレ、シトネなどとよぶ地方もあるが、全国的にはドンザとよぶ所が多い。一般に着古した普段着の古布を裂いて、何枚も重ね合わせたものを太めの木綿糸で刺して仕立て、寒気、湿気、潮風を防ぐことに利する。長崎県の五島列島などでは、長ドンザと中ドンザを用意し、中ドンザは洋服くらいの長さでもっぱら仕事着に使い、長ドンザは膝(ひざ)まであって夜寝るときに着る。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖着物の関連キーワード漁民草分け衣座敷着携ふ携わる潮衣潮ばりなずさわ・る心寂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone