コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙良真熊 さら しんゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沙良真熊 さら-しんゆう

?-? 奈良-平安時代前期の新羅(しらぎ)琴の演奏家。
武蔵(むさし)新羅郡(埼玉県)の人。新羅(朝鮮)からの渡来人かその子孫とされる。宝亀(ほうき)11年(780)広岡造(みやつこ)の氏姓をさずけられる。弘仁(こうにん)年間に興世書主(おきよの-ふみぬし),高枝(たかえ)王に新羅琴をおしえたという。名は「まくま」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android