沢木 四方吉(読み)サワキ ヨモキチ

20世紀日本人名事典の解説

沢木 四方吉
サワキ ヨモキチ

明治〜昭和期の美術史家



生年
明治19(1886)年12月16日

没年
昭和5(1930)年11月7日

出生地
秋田県船川町

別名
別名=沢木 梢(サワキ コズエ)

学歴〔年〕
慶応義塾大学文学部〔明治42年〕卒

経歴
明治45年ヨーロッパへ留学し、大正5年帰国。慶大文学部教授として西洋美術史を講ずる傍ら、衰運の「三田文学」を再建し、主幹を務めたこともあった。著書に「美術の都」「西洋美術史論攷」「ギリシア美術」など。教え子に小島政二郎勝本清一郎らがいる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android