沢村 源十郎(3代目)(読み)サワムラ ゲンジュウロウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

沢村 源十郎(3代目)
サワムラ ゲンジュウロウ


職業
歌舞伎俳優

本名
山本 清次郎

別名
幼名=尾上 多見吉,前名=坂東 笑童,実川 正太郎,沢村 紀久三

屋号
紀伊国屋

生年月日
明治14年 7月25日

出生地
東京・赤坂

経歴
明治17年4歳の時、大阪へ養子に出る。2代目尾上多見蔵の門人尾上多見吉と名乗り、18年11月大坂中座「毛谷村」で初舞台を踏む。翌19年3月師が没したため、坂東笑太郎の門人となり笑童と改名。21年実川正朝の門人正太郎。39年上京、4代目沢村源之助に入門。沢村紀久三と改め宮戸座につとめる。41年9月同座「日蓮上人実伝」に3代目沢村源十郎を襲名。のち市川猿之助一座に参加。晩年は大阪に戻り活躍した。

没年月日
昭和20年 4月19日 (1945年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android