沢田きち(読み)さわだ きち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢田きち さわだ-きち

?-? 江戸時代前期の教育家。
今川了俊(りょうしゅん)が弟仲秋(なかあき)のためにかいた家訓「今川状」にならい,貞享(じょうきょう)4年(1687)女子のための日常の教訓を仮名文で記述した「女今川」を刊行した。通称はお吉。著作はほかに「女四季文章」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android