コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名文 カナブミ

デジタル大辞泉の解説

かな‐ぶみ【仮名文】

仮名で書いた文章や手紙。かなぶん。⇔真名文(まなぶみ)
「―見給ふるは、目の暇(いとま)いりて、念仏も懈怠(けだい)するやうに益(やく)なうてなむ」〈・若菜上〉

かな‐ぶん【仮名文】

仮名で書いた文章。かなぶみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

仮名文【かなぶん】

仮名を主体として書かれた文章,作品。奈良時代は日本語を表記するために万葉仮名を用いたが,草体化されて草仮名となり,さらに平仮名が生まれた。平安中期に全盛となった平仮名文は,とくに女性たちの手で消息,物語,日記などに使用され,字体,文体ともに優雅典麗を競った。
→関連項目飛鳥井雅有古今和歌集仮名序五代帝王物語高倉院厳島御幸記竹取物語土佐日記日記文学歴史物語六代勝事記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かなぶん【仮名文】

仮名で書いた文章。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仮名文の関連キーワード栄華物語(栄花物語)鉄眼禅師仮名法語大堰川行幸和歌序飛鳥井雅有日記『土佐日記』中務内侍日記雅俗折衷体後桜町天皇源家長日記仮名タイプ女房奉書高橋お伝仮名草子中古文学大槐秘抄沢田きち仮名法語続古事談真名文擬古文

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android