河田煕(読み)かわだ ひろむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河田煕 かわだ-ひろむ

1835-1900 幕末-明治時代の武士。
天保(てんぽう)6年生まれ。幕臣。外国奉行支配組頭をへて目付にすすむ。文久3年(1863)横浜鎖港談判使節の一員として渡欧。開国の必要を感じ,帰国後,提言して免職となる。のちゆるされて開成所頭取,大目付。維新後,静岡藩少参事。明治33年3月11日死去。66歳。字(あざな)は伯緝。通称は貫之助。号は貫堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android