河童の三平

デジタル大辞泉プラスの解説

河童の三平

水木しげるによる漫画作品。河童にそっくりな人間の子どもが河童の世界に迷い込んだことから、河童の長老息子が人間世界へ留学する物語。その後多数の雑誌でリメイク版が連載された。初出は兎月書房の貸本劇画集(1961年~1962年)全8巻。『月刊ぼくら』1966年、『週刊少年サンデー』『別冊少年サンデー』1968年~1969年に連載ほか。角川書店角川文庫全3巻。1993年劇場用アニメが公開された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android