コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水木しげる みずきしげる

5件 の用語解説(水木しげるの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水木しげる
みずきしげる

[生]1922.3.8. 鳥取
漫画家。本名,武良茂。武蔵野美術学校に学ぶ。第2次世界大戦に従軍し,ラバウル戦線で左腕を失う。復員後紙芝居作家を経て,1957年『ロケットマン』で漫画家としてデビュー。 1965年『ゲゲゲの鬼太郎』 (当初は『墓場の鬼太郎』) を『少年マガジン』に連載,これが代表作となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

水木しげる

日本のマンガ家。1922年3月8日、大阪市生まれ、鳥取県境港市出身。本名は武良茂(むら・しげる)。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』など、幼い頃から興味を持っていた妖怪や異界を細密に描いた作品で人気となり、日本の妖怪像に大きな影響を与えた。また、自身の戦争体験を元に創作した作品も世に出し、高く評価されている。手塚治虫文化賞・特別賞(2003年)、朝日賞(09年)などを受賞し、10年には文化功労者に選ばれた。
幼少期を母親のふるさとである境港市で過ごした際、お手伝いの信心深いおばあさん「のんのんばあ」から妖怪や霊の話を聞かされ、夢中になった。絵が得意だったことから、1937年の境高等小学校卒業後は新聞配達所などで働きながら絵を学んだ。
太平洋戦争中の43年に召集され、激戦地のラバウル(現・パプアニューギニア)に配属される。上官のいじめマラリアに苦しみ、爆撃で左腕を失った。その一方で傷病兵としてナマレに滞在中、現地の集落へ通い、住民と親交を重ねた。
46年に復員し、武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)に入学するが、生活苦で中退。魚の行商やアパート経営などの職を転々とし、紙芝居作家を経て58年、貸本マンガ『ロケットマン』でマンガ家デビューを果たす。水木のペンネームは、戦後の一時期に住んでいた神戸市兵庫区水木通に由来する。60年に『ゲゲゲの鬼太郎』の前身となる貸本版「墓場鬼太郎シリーズを発表、61年に貸本版『河童の三平』、63年に貸本版『悪魔くん』を刊行する。
貸本業界が衰退する中、マンガ雑誌「ガロ」で執筆。65年に「別冊少年マガジン」に掲載された「テレビくん」で講談社児童まんが賞を受賞し、人気作家となる。「週刊少年マガジン」で「墓場の鬼太郎」(アニメ化に伴いタイトルを『ゲゲゲの鬼太郎』に変更)を連載、68年にテレビアニメ化され、妖怪ブームを巻き起こした。主人公の鬼太郎が妖怪退治をする同作は、それまで定まったイメージがなかった妖怪たちの姿を具体的に表現し、水木を妖怪ものの大家へ押し上げた。鬼太郎シリーズは、07年に「ゲゲゲの鬼太郎」、08年には「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」として実写映画化された。また95年、作家の荒俣宏、京極夏彦らと共に「世界妖怪協会」を設立した。
73年、ラバウルでの体験を元に戦地で過酷な軍隊生活を送る兵隊たちを描いた『総員玉砕せよ!』を刊行。あとがきでは「兵隊というのは“人間”ではなく馬以下の生物と思われていたから、ぼくは、玉砕で生き残るというのはひきょうではなく“人間”として最後の抵抗ではなかったかと思う」と記している。他にも71年の『劇画ヒットラー』、88年の『コミック 昭和史』などで戦争の悲惨さやむなしさを伝えた。
晩年も創作意欲は衰えず、12年に『水木しげるの古代出雲』、15年に『水木しげるの泉鏡花伝』などを発表した。
私生活では1961年に妻布枝(ぬのえ)さんと結婚し、二女の父親となる。10年には布枝さんの自伝『ゲゲゲの女房』を基に、同名のNHK朝の連続テレビ小説が制作され、話題を呼んだ。
水木の事務所「水木プロダクション」によると、15年11月11日に自宅で転倒。硬膜下血腫で緊急手術を受け、一時回復傾向にあったが、30日に多臓器不全のため93歳で亡くなった。生前に手掛けた最後の仕事は、12月2日に発売された世界妖怪協会の機関紙「怪」のイラストと談話だという。

(南 文枝 ライター/2015年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みずき‐しげる〔みづき‐〕【水木しげる】

[1922~2015]漫画家。大阪に生まれ、幼少時に鳥取県境港に移り育つ。本名、武良(むら)茂。妖怪漫画の第一人者として長年にわたって活躍。代表作「ゲゲゲの鬼太郎(きたろう)」では日本古来の民間伝承を描き、さまざまな地方の妖怪を紹介した。戦争体験を生かした「昭和史」でも知られる。他に「のんのんばあとオレ」「悪魔くん」「河童の三平」など。平成22年(2010)文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水木しげる【みずきしげる】

漫画家。本名武良茂。鳥取県境港市生れ。伝説や民間信仰の豊かな風土に育つ。1943年応召,ラバウル戦線で左腕を失うが,原地の人びととの交流を通して,民族学的関心を持つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水木しげる みずき-しげる

1922- 昭和後期-平成時代の漫画家。
大正11年3月8日生まれ。復員後,紙芝居をかき,昭和32年貸本漫画の「ロケットマン」でデビュー。40年「テレビくん」で講談社児童まんが賞。「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」などで人気作家となる。自分の体験をふまえた戦記物もおおい。平成10年児童文化功労賞。19年「Non Non Ba(のんのんばあとオレ)」がフランス国際漫画大賞。21年朝日賞。22年文化功労者。鳥取県出身。武蔵野美術学校(現武蔵野美大)中退。本名は武良(むら)茂。著作に「妖怪事典」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の水木しげるの言及

【劇画】より

…60年代にはだれの眼にも明らかになった日本経済の復興を背景として,社会の表層をながれる明るい気分とうらはらな黒い怒りを主調とする劇画が,はじめは貸本屋に,後には少年週刊雑誌にあらわれた。百姓一揆を主軸にすえた白土三平《忍者武芸帳》全17巻(1959‐62),現代を支配する悪の力をえがいた水木しげる《悪魔くん》全2巻(1964)は,紙芝居のなかで育った貸本屋読者層におくられた劇画の代表作である。描法からいえば,命名者辰巳ヨシヒロが自著《劇画大学》(1968)でのべたように,劇画の特色は一つの行動をえがくのにコマ数を多くすることであり,映画の高速度撮影に似ている。…

※「水木しげる」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水木しげるの関連キーワード小島功滝田ゆう馬場のぼる水島新司秋竜山杉浦日向子所ゆきよし矢口高雄山田紳勝又進

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水木しげるの関連情報