コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河越重頼の妻 かわごえ・しげよりのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

河越重頼の妻

生年:生没年不詳
平安末期から鎌倉初期に活躍した武蔵国の武士河越重頼の妻。源頼朝の乳母比企尼の娘。寿永1(1182)年に源頼家の乳母となる。元暦1(1184)年に娘が頼朝の仲介で源義経の妻となるが,このため夫重頼は,『吾妻鏡文治3(1187)年の条に記されるところによれば,義経に連座して誅せられる。しかし,その遺領である河越荘は後家尼となった彼女に安堵された。

(飯沼賢司)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

河越重頼の妻の関連キーワード生年

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android