コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵国 むさしのくに

6件 の用語解説(武蔵国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武蔵国
むさしのくに

現在の東京都,埼玉県および神奈川県北東部。もと東山道に属していたが宝亀2 (771) 年から東海道の一国。大国。『旧事本紀』『高橋氏文』などによれば,无邪志 (むさし) ,胸刺,知知夫 (ちちふ) の3国造があったという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むさし‐の‐くに【武蔵国】

武蔵

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武蔵国【むさしのくに】

旧国名。武州とも。現在の東京都・埼玉県のほぼ全域,および神奈川県の東部。初め東山道,771年から東海道に所属。《延喜式》に大国,21郡。国府は東京都府中市。平安末に武蔵七党などの武士団が発生,鎌倉幕府創業に参加。
→関連項目大宮[市]神奈川[県]関東地方埼玉[県]佐々目郷秩父牧東京[都]横山党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

むさしのくに【武蔵国】

現在の東京都埼玉県および神奈川県 川崎市横浜市にまたがる地域を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で初め東山道に、のち東海道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は大国(たいこく)で、京からは遠国(おんごく)とされた。国府は現在の東京都府中(ふちゅう)市、国分寺は同国分寺(こくぶんじ)市におかれていた。高麗(こま)氏など渡来人が移住して開発が進み、多くの牧(まき)があった。平安時代には武蔵七党(しちとう)坂東八平氏(ばんどうはちへいし)と呼ばれる武士団が成長し、源氏の従者となっていった。鎌倉時代関東御分国の一つとなり、南北朝時代には足利(あしかが)氏の支配下に入った。戦国時代は後北条(ごほうじょう)氏が支配したが、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原攻め後、徳川家康(とくがわいえやす)江戸に入部、征夷大将軍となって1603年(慶長8)に幕府を開いた。以後の江戸時代は武蔵国の大部分が幕府直轄領となった。1871年(明治4)の廃藩置県により東京府と神奈川県、埼玉県、入間(いるま)県の3県になったが、入間県は1873年(明治6)に熊谷(くまがや)県を経て、1876年(明治9)に埼玉県に編入された。◇武州(ぶしゅう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むさしのくに【武蔵国】

旧国名。武州。現在の東京都,埼玉県のほとんどの地域,および神奈川県の川崎市,横浜市の大部分を含む。
【古代】
 東海道に属する大国。久良(くらき),都筑(つつき),多麻,橘樹(たちはな),荏原(えはら),豊嶋(としま),足立(あたち),新座(にいくら),入間(いるま),高麗(こま),比企,横見,埼玉,大里,男衾(おふすま),幡羅(はら),榛沢(はんさわ),那珂,児玉,賀美,秩父の21郡からなる(《延喜式》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武蔵国
むさしのくに

律令(りつりょう)制により設けられた国で、東京都(島を除く)、神奈川県川崎市・横浜市(一部)および埼玉県の大部分を含む地域。武州(ぶしゅう)ともいう。東は下総(しもうさ)、南東から南西へ東京湾と相模(さがみ)国、西は関東山地が連なって甲斐(かい)に接し、北は上野(こうずけ)・下野(しもつけ)に対している。中央部は関東ローム層に覆われた広大な武蔵野の平野で、北西の山地から南東に向かって流れる利根(とね)川、荒川、多摩川とともに、この国の歴史と文化を育てる舞台となった。
 古くは牟佐之と書き、「むざし」と読んだらしい。語源は、もと見狭下国(むさしもくに)と称していたのが訛(なま)ったとか、総下(ふさしも)国が転じたとするなど諸説ある。大化改新の国郡制施行により、前代の牟邪志(むさし)、胸刺(むねさし)、知々夫(ちちふ)の三国造(くにのみやつこ)の領域を武蔵国に統一した。『延喜式(えんぎしき)』では大国とし、京までの行程を上り29日、下り15日とし、初め東山道(とうさんどう)に属していたが、771年(宝亀2)東海道に切り替えられた。管下は豊島(としま)、足立(あだち)、新座(にいくら)、荏原(えはら)、埼玉(さきたま)、入間(いるま)、高麗(こま)、比企(ひき)、横見、大里、男衾(おぶすま)、幡羅(はら)、榛沢(はんさわ)、児玉(こだま)、賀美(かみ)、那珂(なか)、秩父(ちちぶ)、多麻(たま)、橘樹(たちばな)、都筑(つつき)、久良(くらき)の21郡に分けられたが、中世には下総国葛飾(かつしか)郡の一部を編入し、多麻郡が多東・多西の2郡になるなど東西の分郷があり、『拾芥抄(しゅうがいしょう)』『曽我(そが)物語』では24郡と伝える。国府と国分寺はともに多麻郡に置かれ(現東京都府中市・国分寺市)、江戸が開かれるまで政治、経済、文化の中心をなした。
 8世紀には盛んに朝鮮半島からの渡来人を移住させて開発にあたらせ、高麗(こま)、新羅(しらぎ)、新倉(にいくら)、狛江(こまえ)などの地名ができた。荒川上流には条里制が敷かれ、9世紀には田地3万5574町歩が開かれ、人口は13万9000人と推計されている。承平(じょうへい)年間(931~938)の平将門(まさかど)の乱は、武蔵権守(ごんのかみ)興世王(おきよのおう)の扇動により起こり、国府も将門の勢力下に置かれた。また秩父牧、由比(ゆい)牧、石川牧などの勅旨(ちょくし)牧も多く、毎年馬50疋(ぴき)を朝廷に献上した。律令(りつりょう)制が緩むとともに横山荘(しょう)、小山田荘、稲毛(いなげ)荘が成立し、それと相まって武蔵七党や坂東八平氏(ばんどうはちへいし)ら、武蔵各地に基盤をもった武士集団が成長し、中世武家社会の中心となった。
 鎌倉幕府が開かれると、東北・北国地方と連絡のため、武蔵台地を南北に縦断する鎌倉街道が開かれ、「いざ鎌倉」の武士が盛んに往来した。南北朝時代には足利尊氏(あしかがたかうじ)が守護となり、ついで高(こう)、上杉、仁木(にき)、畠山(はたけやま)氏を経て、室町時代には関東管領(かんれい)上杉氏の支配下に置かれた。1457年(長禄1)太田道灌(どうかん)が江戸城を築いて威を張ったが、戦国時代には相模国小田原を本拠とする後北条(ごほうじょう)氏が進出、越後(えちご)上杉氏、甲斐武田氏らに対する防衛上、各地に支城を置いて一族や重臣を配した。
 1590年(天正18)後北条氏にかわって徳川家康が関東に入部し、やがて征夷大将軍に任ぜられて江戸に開幕、以後15代にわたって約300年の徳川時代が続くが、武蔵は終始その権力基盤であった。直轄領(天領)を多くとり、旗本知行所(ちぎょうしょ)を集中させたほか、忍(おし)、川越(かわごえ)、岩槻(いわつき)、岡部、金沢(六浦(むつうら))、世田谷(せたがや)に譜代(ふだい)大名を配し、八王子に千人同心を常駐させるなど、堅固な支配体制を敷いた。また江戸を中心に五街道や脇(わき)往還を設け、宿駅制を整えたので、諸大名の参勤交代と相まって宿場町が栄え、やがて農村地帯にも商業が浸透していく要因となった。18世紀以後、尾張(おわり)徳川家の鷹場(たかば)であった武蔵野が開拓され、82の新田村が成立したが、武州農村は100万の人口を抱えた江戸の後背地としては、全体に商品生産が進展しなかった。近世の名産品に、青梅縞(おうめじま)、秩父絹、品川海苔(のり)、練馬(ねりま)大根、多摩川梨(なし)などがあげられる。
 1866年(慶応2)の武州世直し一揆(いっき)は、武蔵の北西部一帯と近国にも及び、幕府の存立を足元から揺るがした。1868年(明治1)武蔵知県事、ついで東京府を置き、品川県、韮山(にらやま)県、小菅(こすげ)県などを設置・統廃合して、93年ほぼ現在の東京都、埼玉県、神奈川県(一部)となった。東京と近郊の発展は、人口密度のもっとも高い地域を現出したが、同時にそれは関東大震災や太平洋戦争の空襲による被害を大きいものとした。しかし戦後も首都および首都圏として経済・文化の集中は進み、国全体からの偏在ぶりが問題となっている。[北原 進]
『『新編武蔵風土記稿』全12巻(1981・雄山閣出版) ▽植田孟縉著『武蔵名勝図会』(1975・慶友社) ▽斎藤幸雄他著『江戸名所図会』(角川文庫) ▽竹内理三他編『角川日本地名大辞典13 東京都』『角川日本地名大辞典11 埼玉県』(1978、1980・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武蔵国の言及

【新編武蔵風土記稿】より

…全265巻。武蔵国の総国図説から建置沿革,山川,名所,産物,芸文と各郡村里に分かれている。文書や記録も収録され,村の地勢,領主,小名,寺社,山川や物産等の記述は詳細で正確である。…

※「武蔵国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武蔵国の関連キーワード武蔵神奈川県川崎市川崎区砂子神奈川県川崎市川崎区小田神奈川県川崎市川崎区神奈川県川崎市川崎区観音神奈川県川崎市川崎区塩浜神奈川県川崎市川崎区大師町神奈川県川崎市川崎区本町神奈川県川崎市川崎区港町神奈川県川崎市宮前区

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武蔵国の関連情報