河辺正三(読み)かわべ まさかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河辺正三 かわべ-まさかず

1886-1965 大正-昭和時代前期の軍人。
明治19年12月5日生まれ。河辺虎四郎の兄。昭和12年盧溝橋(ろこうきょう)事件の際には支那(しな)駐屯歩兵旅団長をつとめる。教育総監部本部長などをへて18年ビルマ方面軍司令官となり,インパール作戦を指揮するが失敗し,解任された。20年陸軍大将。昭和40年3月2日死去。78歳。富山県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android