コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野杏庵 こうの きょうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野杏庵 こうの-きょうあん

1794-1849 江戸時代後期の医師。
寛政6年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩医河野緝庵(しゅうあん)の養子となり,医学のかたわら,尾藤二洲(びとう-じしゅう)らに儒学をまなぶ。天保(てんぽう)4年(1833)仙台藩医学館学頭。藩主伊達斉邦(なりくに)の侍医をかねた。嘉永(かえい)2年9月30日死去。56歳。陸奥仙台出身。本姓は竹中。名は公奕。字(あざな)は廷挙。号は槐蔭,東里。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河野杏庵の関連キーワード河野通之(2)奥村玄安河野楊庵

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android