コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野親清 こうの ちかきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野親清 こうの-ちかきよ

?-? 平安時代後期の武人。
伊予(いよ)(愛媛県)の豪族。伊予守(かみ)源頼義(よりよし)の4男親経(ちかつね)の養子となって家督をつぐ。永暦(えいりゃく)元年(1160)伊予権介(ごんのすけ)。風早郡河野郷の高縄山城を本拠とし,越智姓をあらため河野姓を名のったとされる。通称は三郎四郎,河野冠者。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河野親清の関連キーワード河野通清(1)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android